Array ( [0] => 351 ) 1234
Elasticsearchの導入事例が3分で分かる!
無料資料ダウンロード

検索作業の業務効率化!“高速かつ高品質な情報検索”を資産運用業務で活かすには?

データ検索

資産運用業務において重要な情報収集。テクノロジーの進歩により日々増え続ける情報をどのように処理していくかが効率的な業務遂行の鍵となります。本記事では金融業界特有の課題を盛り込みながら解決策を事例とともに情報検索の効率化の方法について紹介します。

お役立ち資料
著名企業9社から学ぶ取り組み事例

資産運用業務の鍵である情報検索の“質“と“速度“に課題

資産運用会社をはじめ金融業界の資産運用業務では、日々変容する情報を的確に収集し処理する能力が重要となります。顧客から任された資産や自社の資金をもとに利益を生み出すためには、あらゆる情報から株式や債券などを運用していく必要があるためです。

近年、テクノロジーの進歩により取得できる情報量はますます増え、利活用が進んでいます。一方、多くの情報から正確かつすばやく任意の情報を検索することはむずかしく、課題を感じる企業は少なくありません。ここでは 2 つの課題について説明します。

情報検索の質・精度

まず 1 つは、情報検索の質や精度の担保です。
刻々と変化するマーケットやニュースなどの情報を単純に検索するだけでは、多くの必要のない情報まで表示することになります。さまざまな情報を集約するには、無駄な情報を省いて有用な結果のみを表示させる必要があり、これには高度な条件を設定した検索が有効です。

情報検索の速度

もう 1 つは、高速な検索結果の表示です。
いくら有用な情報のみを表示させることが可能になっても、結果が表示されるまでに時間がかかってしまっては使い勝手が良いとはいえません。よって検索速度も重要なポイントです。さらに検索のスピードが早くなることで、分析や商材の検討など本来行うべき重要な業務に多くの時間を割くことができます。

高品質で高速検索を阻む主な壁

情報検索の質と速度は、資産運用業務を効率的に遂行するうえで重要な鍵となります。
ここでは高品質かつ高速な検索を阻む主な壁となっている 3 つのケースについて紹介します。

複雑な検索時に生じる手間

複雑な条件での検索が困難なシステムでは、検索に加え確認する手間がかかることが挙げられます。このようなシステムでは単純な検索しか行えないことから、得られる情報が多数存在するために必要な情報を精査する対応が必要になるケースがあります。

増え続ける大量のデータ

金融業界特有の問題ともいえる、増え続ける大量のデータを取り扱う必要があることです。
金融業界では企業、ニュース、災害、マーケットなど Web 上に公開されているさまざまな情報を処理する必要があり、収集しなければならないデータの量そのものが多い傾向にあります。

取り扱う多様なデータ形式

取り扱うデータ形式の多様さも問題の1つです。検索した情報の形式が必ずしも統一されているとは限らないため、さまざまなタイプのデータを扱う必要が生じます。得た情報に何かしらの対応を加えて使用可能な状態にするという手間がかかり、効率的に処理することが困難となってしまいます。

壁を乗り越えることで業務効率を向上させる

それでは課題を解決することで、業務にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。
ここでは、株式保有企業、投資先企業で何らかの問題が発生した場合を想定して紹介します。

まず 1 つ目のメリットは、情報検索からファンドの運用判断を高速化できることです。
ファンドマネージャーは、クライアント企業に関わる株価の動きに加え、関連するニュースなどに目を通す必要があります。同時に SNS でのコメントやつぶやきなど複数の情報を参考にすることも求められます。検索がスピーディーかつ容易に行える状況にすることで、同株式の今後の取り扱いを早急に判断することが可能です。場合によっては、投資先の切り替えを勧めることも可能となります。

次に、多くの情報を参考に、精度の高いものから運用判断が可能になるというメリットもあります。
クライアント企業の位置情報をもとに関連データを収集し、生産ラインの停止や社屋の倒壊など事故・災害の被害状況を把握。株価の動きや気象庁からの最新の震災関連情報などを瞬時に表示します。
多数の情報から高精度の情報のみをピックアップすることで継続して同株式を運用し続けるか否かというファンドマネージャーの判断をサポートすることが可能です。

40 億件の情報検索を従来の約 360 倍である“ 1 秒“に改善した事例

これらの「壁」となっている課題は、どう解決していくべきか、どのような効果が得られるのかイメージがわかず放置されてしまうケースも多くありますが、最後にこれらの「壁」を乗り越え、高品質かつ高速な検索を実現し業務効率の向上に成功した事例をご紹介します。

三井住友DSアセットマネジメント株式会社様は、Elasticsearch を導入することで 40 億件のデータに対して、従来の約 360 倍である「 1 秒」での検索表示を可能にしました。

Elasticsearch をコアとしたシステムは、何千万件におよぶニュースデータから、全文検索で 1 秒もかからず結果を返してくれる検索プラットフォームとして活用されています。どの日にどの単語が含まれ何件あるのかといったレベルまで、非常に簡単に把握することができ業務に大きく貢献しています。

高精度のシステム化を行うことでファンドマネージャーの業務を支え、思考を分散させないリアルタイムな情報提供を実現することで、競争力が向上する可能性もあります。

本事例の詳細は下記 URL から確認できますので、参考にしていただけますと幸いです。

お役立ち資料
【三井住友DSアセットマネジメント株式会社】
圧巻の高速情報検索を活用した事例

関連記事はこちら

データ検索一覧を見る

お問合せ・資料請求

Elasticsearch 製品の導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談下さい。

Elasticsearch 製品の導入・販売に関するご質問はこちら
※関連サイトへ遷移します
お問合せフォームから質問する
Elasticsearch 製品のサービス資料はこちら
サービス資料を読む