Array ( [0] => 355 ) 1234
Elasticsearchの導入事例が3分で分かる!
無料資料ダウンロード

システム乱立のデメリットとは?ログ分析・性能分析が解決!

データ検索 データ監視 ログ運用

多くの企業で発生しているシステム乱立という問題。これを放置していると、業務が非効率になり、余計なコストや手間がかかってしまいます。この記事では、システム乱立を放置することで起こるデメリットを解説するとともに、性能分析・ログ分析で課題を解消した事例を紹介します。

お役立ち資料
【ソフトバンク株式会社】
膨大なサーバーの性能分析や監視を一気に実現した事例

システムの乱立は当たり前のように発生している

多くの企業では、複数のシステムを同時並行で運用しており、管理の難しさに直面しています。会計や人事・給与関連はもちろん、販売・在庫管理、生産管理など、システムを導入すべき業務は多岐にわたるため、どうしてもシステムの乱立が起きやすくなってしまいます。特に、事業の拡大・多角化に伴い、個別にシステムを導入してきた企業にとって、システムの乱立は早急に対処すべき課題です。
また企業の業態によって、どのようなシステムをどのように利用しているのかは大きく異なります。たとえばデータ分析を行っている企業では、性能分析やログ分析など専門的な業務に対応できる複数のシステムを用いていることが多く、管理が煩雑になりがちです。

このような状況を放置していると、システムの連携の最適化が図れず、トラブルの原因となります。システムの連携を最適化することで、管理の効率化を図れるほか、運用における費用面でのコストを軽減し、業務を進めやすくなります。反対に、システムの連携を怠ると、問題が発生したときに原因の究明に時間がかかってしまい、クレームや業務が滞るといったトラブルが起きる可能性があります。

システムの乱立により企業や担当者が被る損失として、具体的には以下のものが挙げられます。

・生産性の低下
・リアルタイム把握ができない
・業務の複雑化と、
ITコストの増大
・カスタマーサービスのクオリティが低下
・カスタマーサービスのクオリティが低下


システムの乱立を放置することでどのようなデメリットがあるのか、次章でより詳しく紹介します。

システム乱立状態・・・放置した際のデメリットとは ?

システムの乱立を放置すると、以下の3つのデメリットが発生してしまいます。

ユーザビリティが低い

1つ目のデメリットは、ユーザビリティが低いことです。複数のシステムが乱立していると、システムにより使い勝手が異なるため、担当者に余計なストレスがかかります。また、製造元が異なるといった理由によりシステム間の連携が困難だと、手作業でExcelデータを加工してアップロードするなどの作業をシステムごとに行わなければなりません。連携可能だとしても、手動で行わなければならない場合、余計な手間がかかってしまうこともあります。

さらに、システムが連携できないために無駄なコストがかかることもあります。他のシステムから手作業で入力した情報の信ぴょう性が担保されないと、情報元のシステムに戻って確認しなければならず、無駄なコストがかかってしまいます。

無駄なコストがかかる

2つ目のデメリットは、無駄なコストがかかる点です。乱立している社内システムの中には、機能が重複しているケースも少なくありません。その場合、重複部分には不要なコストが発生していることになります

先述したユーザビリティが低いと、重複する業務を行う社員の人的・時間的コストがかかります。また、その結果、金銭的なコストもかかってしまいます。重複する業務を行うと、1つの業務に複数社員の工数がかかることになるため、ほかの業務に充てることで得ることができたはずの利益を失うという意味で、見えないコストが発生しているのです。たとえば、先例で挙げたデータの信ぴょう性の確認では、入力者がシステムからのデータを持ってくるという作業をしているにもかかわらず、再度、別の人が同じフローを通じて確認していることになります。このように、システムが乱立している状態を放置すると、重複業務が発生し、無駄なコストが出てしまいます。

メンテナンスに手間がかかる

3つ目のデメリットは、メンテナンスに手間がかかる点です。社内に存在するシステムの数だけメンテナンスが必要となりますが、システム数が多すぎるとメンテナンスが行き届かなくなり、トラブルが発生しやすくなります。必要なメンテナンスを忘れたり怠っていたりすると、情報漏洩などセキュリティ上の問題が起こる可能性もあります。
また、運用とは別のエンジニアが自社で独自にシステムを開発することがあります。その場合、運用・保守のことを考慮せずに開発してしまうケースが多く見受けられ、結果としてメンテナンスの手間がかかってしまいます。

こうしたシステム乱立のデメリットを解消するためにはどうすればいいのでしょうか。次章では、システム乱立の状態から脱却する方法を事例とともに紹介します。

性能分析・ログ分析におけるデータの一元化に成功した事例

大手通信事業者であるソフトバンク株式会社様は、性能分析・ログ分析におけるデータの一元化に成功し、システム乱立の課題を解消しました。
ソフトバンク株式会社様では、以前は性能分析やログ集約において、複数のシステムを利用していました。それらは異なる経緯で別々に開発されたため、連携しておらず、機能が重複するシステムも複数あったといいます。そのためユーザビリティが低く、余計なコストも発生するという課題を抱えていました。
こうしたシステムを一元化し課題を解消しようと、Elastic Stackを利用したログ分析プラットフォームの設計・開発に着手した結果、最終的に数千台ものサーバのログを集約し、システム監視の効率化を実現しました。また、システムごとの固有ログを用いて、障害の検知などにも活用できているといいます。
Elastic Stackを活用し開発した性能分析システムは「APOLLON」と呼ばれており、上記の機能のほか、新たに構築したサーバの情報収集も容易に行えます。Elastic Stackはナレッジが豊富でサポートも充実しているため、APOLLONの機能改良に役立っているとのことです。


Elastic Stackの導入・活用により、膨大なサーバの性能分析や監視を一気に実現したソフトバンク株式会社様の事例については、こちらに全文を掲載しています。ご関心の方は下記よりダウンロードしていただき、システム乱立の解消にぜひお役立てください。

お役立ち資料
【ソフトバンク株式会社】
膨大なサーバーの性能分析や監視を一気に実現した事例

関連記事はこちら

データ検索一覧を見る

お問合せ・資料請求

Elasticsearch 製品の導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談下さい。

Elasticsearch 製品の導入・販売に関するご質問はこちら
※関連サイトへ遷移します
お問合せフォームから質問する
Elasticsearch 製品のサービス資料はこちら
サービス資料を読む